FC2ブログ

生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近所の奥様を個別案内!?

本格的に寒くなりましたね。
とうとう米子がダウンしてしまいました。
かなり疲れていたので無理をするなと言ってはいたのですが、私の助言など聞くわけもなく…
案の定、過労でダウンしたのでした。
皆さんもご自愛くださいね。私は適当に息抜きしていますので大丈夫です!

さて、現場は造園工事が終わり、後は残工事と手直しを待つ状態です。
完成披露までしばらくブログはお休みしようと思っていたのですが、この半年間、ネタ探しが癖になっているため、1週間何も考えないと少しウズウズしてきました。
そこで、ちょっと面白いことがあったのでご紹介します。


私は普段は週に1日程度しか(明るい時間に)現場を見ることができません。
ところが、たまに外出の合間などに現地の近くを通ることがあり、その時はチャンスとばかり現場を覗くことにしています。
それは、そんな平日の昼間の出来事でした。

先日、現場の見学を終え、鍵を閉めた時に近所の奥様とばったり会いました。
この方は私が建て方(上棟作業)を見学していた時に初めて声をかけてこられ、随分熱心に家のことを聞いてこられたのです。
この奥様も5年ほど前に家を建て替えており、家のことが大好きというか、熱心というか、知識もたくさんお持ちで、その時も「コンセントは多すぎる位がちょうどいいですよ」とか「収納は多すぎても結局物を捨てないだけですよ」とか親切にアドバイスをして下さいました。

私もその日は時間がたっぷりあったため、1時間くらいでしょうか、話し込んで親しくなったのです。
ちなみにその方のお家は立派です。確か延床面積60坪以上とかお聞きしたような気がします。

で、その方とはその後、お見かけすると一言二言の挨拶を交わすのですが、よく話題になるのが「見学会はしないんですか?」ということでした。
見学会をするのならぜひ中を見たいということです。
私としては、見学会については工務店さんから打診があれば考える、というスタンスでしたから当然「まだわかりません…」という返事でした。

私は見学会の実施について深くは考えていなかったのですが、棟梁からも見学会のことを聞いてきた女性がいる、とお聞きしており、その奥様はずーっと気に掛けていたのかもしれません。
その日、そろそろ仕事へ向かおうと鍵を閉めた時にまた話しかけられました。

奥様「完成おめでとうございます。」
私「ありがとうございます。やっとです。」
奥様「ところで、見学会はしないんですか?」
私「そうですね。もう引渡日が決まってそのことについて一切打診がないのでしないみたいです。」
奥様「えーっ、残念。お引越しされる前にぜひ一度見せていただきたいと思っていたのに…(悲)」
私「………」


わかりました。どうぞご覧下さい!
としか言えず、工務店的にはNGだとは思いましたが、もう一度鍵を開け、その方をご案内してしまいました。(挙句には約束に少し遅れました…)
皆さん、私の立場だったらきっと同じことになりますよね。(言い訳

さて、面白いのはここからです。
(仕方なく)奥様をご案内することになったわけですが、どうも奥様のテンションがおかしいのです。

普通は少々お世辞交じりで強引にほめるものですよね。
ところが、奥様は「(内装の色が)白いので広く見えますね~」とか「お庭が広いですね~」など家そのものについては言及しません。
(OMの吹き出し口を見つけて)「この吹き出し口何ですか~?」ってこれも家のことではないですよ。

どうやら奥様にとって我家、あまり好みではなかったようです。
会話を総合して予測するに、内装はシックな感じがお好み(我家はナチュラル)で、家自体も予想していたより(外から見るより)小さかった。おまけに我家は水回りに凝っておらず既製品そのものだったので、研究熱心な奥様には不満だった、というところでしょうか。
一言で表せば、がっかりしたみたいでした。

確かに奥様のお宅は洋風の豪邸で趣味が合わないことも納得できます。中はもちろん見たことありませんが。

でも私には新たな発見がありました。
私たちにとってストライクど真ん中のこの家も、他人にとれば普通の家。
C社の見学会などでは「素敵ね~」のオンパレードですが、そういう嗜好の人が見に行っているのですから賞賛の言葉はある意味当然、ということなんです。

理想の家が現実になってかなり舞い上がっていた私ですが、少し冷静になることができました。
他のブログを見ていても注文住宅って本当に色んな好みがありますもんね。
私たちは、少し和風のこの家、とても気に入っています。
水回りは実用最優先でこだわりも少ないですが、こういう所も満足しています。

この後完成お披露目の予定ですが、今から言っておきます。
普通の家ですから!好みが違うかもしれませんから!予算の制約だらけの家ですから!

今回の記事、写真が全くなく淋しいので1枚だけお見せします。
造園工事終了後の外観です。

gaikou.jpg
辛うじてモミジの葉っぱが残ってます!(今はもうない。)この後、アルミの柱には板塀が施工されます。

これが私たちのど真ん中の家です。
季節的に植栽が少し寂しく見えるかもしれませんが、造園業者さんには随分奮発していただきました。
Tさん、ありがとうございます!

さあ、週明けはローンの実行と残金支払い、引き渡しへと進みます。
米子の分まで元気を出して頑張ります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うーーわーーー
外構おわってこれまた素晴らしくなりましたね。
人の好みは様々ですよね。
言わんとしていること、とてもよくわかります。
平邸は私にはストライクです!w
ご近所でこんなおうちができたら、家主さんとお話したくなっちゃいます。
あいにく、うちのちかくにはこんなセンスのいいお家はありませんが。。
しかし外構とお家の外観が、ピッタリマッチしすぎて素晴らしい!!
このしっとり感、工務店さんのセンスのよさが伺えますね。
左側の砂利も駐車場なんでしょうか?

ヨン | URL | 2013-12-13(Fri)16:17 [編集]


こんばんは!
外構も良い感じですね^^
人の好みもさることながら、やっぱり自分で
考えたおうちって思い入れが段違いだから
人とは感じ方が大分違うんでしょうね。
我が家も自分の中ではストライクど真ん中ですが
他の人から見たら普通なのかもしれません^^;
でも自分が大好きな家ってのが一番大事ですよね。

えちぢ | URL | 2013-12-13(Fri)22:48 [編集]


外構含みどストライクです!!
いや~ホントいい感じ!!
流行に流されないいつまでも飽きのこないフォルムが
たまりません!!

takumi | URL | 2013-12-13(Fri)23:31 [編集]


ヨンさん

確かにこの家は近所でもあまり見かけない外観ですのでお家大好きな奥様もずっと興味を持ってくれていたのでしょう。
奥様も気が済んだでしょうし、これからはよい近所付き合いをしていきたいです。

> 左側の砂利も駐車場なんでしょうか?

ご明察です。この部分は元々庭の一部として土になるはずが、予備の駐車場として砂利敷きにすることを外構業者さんが提案してくれました。
元々3台目は右側の前面部分のつもりでしたが、これで随分駐車場にゆとりができました。

平 米坪 | URL | 2013-12-14(Sat)09:42 [編集]


えちぢさん

おはようございます。確かに家づくりって他人にはどうでもいいのでしょうが本人はいつまでも語りたいですよね。
えちぢさんのお宅、私も大好物です。うちは早々に諦めましたが薪ストーブなど最高のごちそうですよ。
ブログ拝見していると楽しそうでとてもうらやましいです。

平 米坪 | URL | 2013-12-14(Sat)09:48 [編集]


takumiさん

ありがとうございます!
外構は私よくわからず、ほとんどお任せなんです。
でもイメージ通りの外構になってとても満足しています。

平 米坪 | URL | 2013-12-14(Sat)09:50 [編集]


樹木が入って、表情がさらに素敵になりましたね
他の皆さんもおっしゃてますが
外構も含めて、すごく自然でなじんでます!

まあ、断れないですね…そう言われたらw^-^;
窓の位置にしても、
すごく工夫があると思うのですがそういうところに
ぜひぜひ気づいてほしかったですよね

近所の人に直接見せるのも考えものですが
これからのご近所づきあいがうまくいくと思えば
OKですね!

うちは見学会があったので、何組か見に来たようですが
反応はどうだったのでしょう^-^;

敷石がすごく素敵ですし
この部分使いというのが冴えてますね!

ビイネ | URL | 2013-12-19(Thu)12:52 [編集]


すみません
パスワードを入れ忘れたのか
編集できず、追加させて下さい

さっきの私のコメントで、
「近所の人に直接見せるのも考えもの」、なんて
書き方がヘタでした

「勝手に自分好みの内装を期待されて
違うからといってガッカリされてしまうのでは
ご近所だからと、特別に見せた甲斐がない」みたいな
つもりだったのですが、

言葉が足りなくて、
「見せない方がよかった」みたいな
コメントになってしまい、ごめんなさい
会話の流れから見せるのを断るの難しいですもんね!

奥様はそのごお加減いかがですか?
寒いのでお大事になさって下さい

ビイネ | URL | 2013-12-19(Thu)12:59 [編集]


ビイネさん

いえいえ、気になさらないでください。
近所の奥様に見せた、と私が言った瞬間、米子からも非難されましたから。
まあ仕方がないと納得してくれましたが。
見学会をするのなら覚悟ができるのでしょうが、その覚悟もなく突然の出来事でしたから。
偶然(に会ったの)が必然(の成り行き)だったのだと思います。

米子は大したことにならず、すっかり回復しました。
ご心配おかけしました。


平 米坪 | URL | 2013-12-19(Thu)15:06 [編集]


はじめまして

ナツと申します。
お家完成おめでとうございます!
木の温かみのあるとても素敵なご自宅ですね!
我が家もおととい引き渡しを受けました。

記事を読ませていただきとっても、共感しました。
我が家も竣工前日、義母と義姉を呼んだのですが一言も褒めては頂けず、『ふーん』っといった態度を取られ少しショックを受けてました。
何年もかけ夢のマイホームを建てたので淋しい想いではありましたが記事を読ませていただき、家というのは趣味の違いや施主の自己満足の部分があるのだなとわかり少し納得でしました。
平 米平さんも、気を使ってご近所さんをご招待されたのになんとなく、嫌な気分ですよね。
でもその気遣いが今後のご近所付き合いをスムーズにつながりますね^_^


奥様、体調を崩されたとのことですのでどうぞ皆さまお身体をお大事になさってよい年末年始をお過ごしくださいませ。

ナツ | URL | 2013-12-23(Mon)08:19 [編集]


ナツさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
引渡し日が同じとはご縁を感じますね。お引越しはまだですか?
ナツさんのブログもゆっくり拝見させていただきます。
お身内に見せてショックを受けられたとのことですが、うちも同じですよ。
私の両親など(私の家は)スースーする感じで好きじゃないとはっきり言っています。
この解放感が気に入ったのですけど…

私は近所の奥様が失望しているのを見て、少し笑ってしまうというか感心してしまいました。色んな好みがあるんだな、と思って。
ご自身とご家族が喜んでいたら家づくりは成功じゃないですか?
年末年始、ナツさん家もお忙しいと思いますが、お互い頑張りましょうね。

返信が遅くなってすいませんでした。お気を悪くされないようお願いいたします。

平 米坪 | URL | 2013-12-25(Wed)17:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。