FC2ブログ

生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

駐車場に屋根を付けたいけど・・・

工程表によれば今週は屋根の板金工事だそうで屋根材はガルバリウムです。
OMの家は自動的にガルバになるので、屋根材については選択の余地がありませんでした。
屋根の工事だと職人さん、この酷暑はきついだろうな~。米子に差し入れ回数増やしてもらおうと思います。

さて、屋根で思い出したので、今回は駐車場について書きたいと思います。

我家は駐車場スペースを2.5台分程度確保します。
今もミニバンと軽自動車の2台があり、それに来客用または予備の1台分という感じです。
駐車場スペースだけ広くても空間が間延びするような気がするため、駐車場に関してはこんなものかな、と思っています。
プラン検討の時に、否、今も迷っているのはカーポートに屋根を付けるかどうかということです。

和風の家ってカーポート屋根があまり似合いませんよね。
C社の家の見学会でもあまり見たことがありません。
カーポートではなく、本格的なガレージ(車庫)を家と同じ仕様で造ったりするケースはあるみたいですが。(そんな場合すごい豪邸です。)

実は私、若い頃は車好きでした。
高校卒業の春休みに免許を取り、バイト三昧で20歳の時に自力で新車を買いました。子供ができるまでは愛車に名前を付けていたぐらい車には愛着がありました。
ちなみに当時は駐車する度に車にカバーをかけていました。(最近はほとんど見ることがなくなりましたね…)

今はそこまで車に愛情はそそいでいませんが、それでも足代わりだとは思いません。
生活のパートナーという認識で、それなりに大切に扱っています。米子の車の使い方を見るにつけ、悲しくなります…

そして今の駐車場は、マンションの地下駐車場なんです。
駐車場料金は月額にして相場より5,000円は高いと思いますが、もう20年近く地下駐車場です。
5,000円×12×20年=120万円…などということは考えないようにしています。

料金についてはともかく、地下駐車場は最高です。
雨の日は一切濡れずに部屋からアクセスでき荷物の出し入れも苦痛なし、夏の日の耐えられない高温や冬のガラスの霜取りもなし、そしてなんと言っても塗装の痛み方が全然違います。
今の車はもう7年乗っていますが、経過年数はよく驚かれます。確かに普通に洗車すればまだ光沢を感じますから。

今の生活から新居に引っ越すと良いことずくめだとは思うのですが、車の環境だけは確実に悪化しますね。
家の前に置くということで近くなるのはありがたいのですが、雨ざらしにするのは私としては正直抵抗があります。
せめて屋根だけでも付けたいと思うのです。2、3百万かけてガレージを造る気は全くないですが、カーポート屋根ぐらいは付けたいな、と。

これをご覧ください。

P1020639.jpg

これはプラン打ち合わせ時(最初の段階)で提示されたイラストなんです。
営業のOさん←久しぶりに登場 が書いたものなのですが、Oさんすごい!私たちはこの絵にズッキューン(陳腐な表現)でした。
そして細部の見直しはあるものの外観などほとんどこのまま建築中です。

カーポート屋根、やっぱり似合わないですよね。
予算的にも今は何もするつもりはないのですが、何年か経って私の中でこの気持ちがどう変化するでしょうか。
家の外観を取るか、車への愛情を取るか。
こんな葛藤、今の車離れの時代にはあまり共感を得られないだろうな~。はい、それはわかっています(笑)。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。