生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

棟梁にヒノキをほめられた!

今回は前回の続きです。
上棟して1週間、差し入れがてら工事の進捗状況を見せていただきました。
その日は棟梁が仕事されており、ご挨拶の後、ちょっとした雑談となりました。

棟梁「やっぱり檜(ヒノキ)はずっしりと詰まっているから強いですよ。」
棟梁「特に節のある木の方が強いんですよ。」
私「そうなんですか(知らなかった)。嬉しい



我家の構造材はすべて紀州産の無垢材でこれはC社の標準となります。
そして、木材は土台が檜で柱や梁は杉が標準です。
ところが、我家は柱を檜に変更しました。

と言うのも私、大昔に何かで柱は檜に限る、と読んだことがあり、いつか自分も家を建てることがあれば実現したいな、と漠然としたイメージを持っていました。
あくまでも漠然としたイメージで、強いこだわりというわけではありませんでした。

そこで打ち合わせになってその話をしたところ、C社としては檜にするのは構わないが当然コストアップになるし、杉も檜も強度に大差なく構造計算をするため杉で十分とのことでした。
現に他のお宅でも杉ばかりです。現しの部分が杉板を張ることになり杉の柱は杉板にとても合っています。
正直、杉で全然問題ないのです。檜はちょっとした私のあこがれなのです。

打ち合わせ時は減額策を色々と検討していた時期でもあり、あきらめることも本気で考えましたが、後悔はしたくないと結局檜にしてしまいました。
しかし、檜と言っても節ありの木材を基本とし、見せる柱のみ節なしを使用、内装を大壁仕上げ(柱を隠して壁を仕上げる工法)とすることにしました。

こうすることによってコストもある程度は抑えられますし、断熱材(セルロースファイバー)が厚く入れられるので一石二鳥と考えました。

前にも書いてると思いますが、この家は他のブロガーさんのような強いこだわりなどほとんどありません。
検討期間にはネットや本から主に性能面での知識を仕入れ、頭でっかちになっていた部分もありましたが、工務店を信頼しようと決めたため、最終的には基礎や断熱から仕様に至るまでほとんどを工務店標準にしました。
住宅設備などは今の使用状況との比較ですから良くなるのは当たり前、ほとんどこだわった部分はありません。

その中で私の我がままを通したのはサッシとこの檜だったのです。

実は上棟式の直会のときに棟梁とは別の大工さんから檜の柱は持ったときに重い、とか中から油が出ていい色になるよ、とかお話を聞いていたのですが、その時は宴会時のリップサービスだろう、っていう感じに軽く受け取っていたんです。お互い話題を探すわけですし。

でも、今日の棟梁のお話は決してリップサービスというような感じではく、棟梁はどちらかと言えば朴訥(ぼくとつ)そうな印象の方なんですが、本当に、しみじみと、ご自身の経験に裏打ちされた実感、といった感じでした。

建ててみて予想外によかった、悪かったというのはどこのお宅でもあると思うんですが(うちは建てる前から数々後悔していますし)、建ててる最中のこういった思いがけない言葉は本当に心に染みました。

P1020546.jpg
奥の養生してあるのが檜の大黒柱6寸(約18cm)、手前が壁に隠れてしまう節ありの檜です。

柱は我家の場合ほとんど壁に隠れてしまうとは思うんですが、時々この大黒柱の匂いをかいで檜を実感し、今日の棟梁の言葉を思い出したいと思います。

米子からはブログに文句ばかり書くな、とダメだしを食らっていたのですが、今日の記事は大丈夫そうです。
私だって本当はいつも今日みたいな記事を書きたいんですけどね。
これからどうなりますやら。今回はこの辺で。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やはり男としては木材の質にはこだわりたくなりますね。
桧の大黒柱がどんな木目をしているのか今から楽しみなのでわ?
住んでからも経年変化とか楽しめますし、きっと将来に渡って自慢できる柱になりますね。


takumi | URL | 2013-08-07(Wed)00:53 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-08-07(Wed)10:23 [編集]


takumiさん

コメントありがとうございます。
確かに木材にこだわるなんて男の専売特許かもしれません。
女にはこういう部分にお金を使ってしまう気持ちは理解できないかも?と思います。

takumiさんのおっしゃる通り、住んで経年変化をじわじわ楽しめるのが無垢材のいいところですよね。

平 米坪 | URL | 2013-08-08(Thu)14:42 [編集]


こんにちは

我が家も建て替えを考えておりまして
住宅ブログなども読ませていただいて
おります。凝った家ではなく普通の家
というのが、また参考にもなります
うちのあたりはヒノキの生産地なので
杉を使うというのは初耳でした。やはり
ヒノキは良いですよね

夢穂 | URL | 2015-04-14(Tue)12:39 [編集]


Re: こんにちは

夢穂さん

コメントありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありません。
建替えですか~。引越が大変ですね。
でも新しいお家になるのは感動すると思いますよ。

新しいお家は総ヒノキ造りですか?
うらやましいです。ヒノキはいい香りがしますよね。
色々と研究していいお家を建ててください!

平 米坪 | URL | 2015-04-16(Thu)10:40 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。