生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏の総括。その2

秋ですね
この季節には独り、カーオーディオで恋のバラードばかり聞いています。
そうでした。私は乙女座。ロマンチストなのでした。
でもそのことは絶対に家族には話しません。ただでさえ普段から虐げられ我慢の連続なのに、そんなことを告白すれば一段とバカにされ扱いがひどくなりますから、家ではすましているのです。
してはいけないこと、話してはいけないことが増えていくのが大人になるってことなのですかね。

さて、今回は前回の続きです。文字ばかりで申し訳ないです。

4.水道光熱費について
これは正直言って嬉しい誤算なのですが、米子いわく、マンション時代とほとんど変わっていないそうです。
色んなものが大きくなったり広くなったりしているのに不思議ですね。

原因として考えられるのはやはり設備の進化です。

電気については照明がLEDになっていること、エアコンが省エネタイプになっていることが大きいと思います。
電気代が下がったわけではないので少し期待外れでもありますが。

ガスについては冬の話になりますが、家の断熱性が上がりガスファンヒーターを使う時間が短くなったからだと思います。
給湯器もエコジョーズなのでほんの少しは貢献しているのかもしれません。
そんなわけで、お風呂が大きくなっているのにガス代は変化なしです。

そして、一番意外だったのが水道代です。
水道は植栽の水やりがあるため、ものすごーくアップすることを覚悟していました。
ところが実際は少し上がったかな?という程度のアップ率でした。

夏場も毎日湯船にお湯を張っている我家では絶対に使用量が増えているはずなんです。
おかしいな、とよーく考えてみると、トイレが節水タイプになったことで使用量が減ったとしか考えられません。
トイレの水恐るべし。家族が多いとトイレも結構な数行きますもんね。
でもこうやって考えてみると古い家の省エネリフォームって有効なんですね。
うちも覚えておきたいと思います。

そう言えば水ついでにもう1つ書かせてください。
うちは洗面化粧台を自動水栓タイプにしたのですが(当時の記事)、水栓が早速故障しました。
保証期間内での故障ですから修理するのは構わないのですが、この自動水栓、故障中や停電時は水が全く出ないのです。
メーカーの不手際があったことで修理まで数日を要しましたが、ものすごく不便でした。
手動に切替できれば大した問題でもなかったと思いますが、一人暮らしでもあるまいし、洗面台が使えない生活というのは想像以上のストレスの日々でした。
自動水栓は確かに便利ですが、こういう便利な設備は非常時に足かせになることを実感した次第です。

5.OMソーラーの効果について
前回のブログで、予想外ににんまりしたというのは実はOMのことなんです。
まず、2回前のブログ記事を先にお読みください。この話はその後の話になります。

冬のOMを1回すっ飛ばしてしまった我家にとって、夏のOMには何の期待もしていませんでした。
お湯取り機能のない我家のOMはシーズンオフだろうって感じで、夏の涼については風通しに期待していました。
夏の放射冷却って言ったって大したことないだろうと高をくくっていたわけなのです。

ところが実際は結構効果が大きくて、OMって夏もいけるやん、って感じなのです。

マンション時代の盛夏の夜
窓開けだけでは我慢できずエアコンを使用
(当然窓は閉める)

     ↓
朝までつけるのは嫌なのでタイマー設定して就寝
     ↓
タイマーが切れ、暑さで目が覚める
     ↓
我慢できなくなり、窓を開けに起きるかタイマー再使用
     ↓
結局不快で熟睡できず

引越後の盛夏の夜
暑いのでエアコンを使用
(当然窓は閉める)

     ↓
朝までつけるのは嫌なのでタイマー設定して就寝
     ↓
タイマーが切れる頃、部屋の温度が下がる
     ↓
そのまま朝まで熟睡

となったのです。
もう少し具体的に書きますと、だいたい日付が変わるころに室温と外気温が逆転し、OMが動き始めます。
この放射冷却による冷風が結構すごくて夜中の2時か3時ごろには室温が2,3度下がるため、エアコンの代わりになるのです。
朝起きたら大概26~27度くらいでしょうか。朝の支度をする間、昔だったら暑くて不快でしたが今は快適に支度ができるようになりました。
朝の数時間は窓を開けるよりそのまま閉めきっていた方が涼しい感じです。

一戸建てに移ったら防犯上、窓を開け放して寝ることに不安を感じていましたが、窓を開ける必要がなかったのは望外でした。
前回も書きましたが、エアコンを全く使わないことはないです。ですが、夜中はエアコンの補完として十分に働いてくれます。
しかもエアコンより気持ちいい風で。

今はエアコンの電気代って大したことないらしいですから、エアコン大好きという人には何の価値もないでしょう。
エアコンなどなるべく使わず自然の涼風や温風をうまく取り入れたいという人に、またそういったものに付加価値を感じる人にはOMは向いているように思います。

この効果はたった1度の夏の体験ですし、ヒートアイランド全開の都心部に居住している人には当てはまらないかもしれません。
でも、妻と2人、OMって結構いいねといつも話しています。今度こそ、冬が楽しみです。

OMソーラーに興味を持っている皆さん、夏のOMも結構使えますよ。
今は太陽光発電併用のタイプもありますし(高いけど)、何せ空気感がいいですから、この感覚を1人でも多くの人に感じてもらいたいものです。
もっと普及すれば価格が下がるという期待感もありますしね。
私の気まぐれなブログが少しでもお役にたてば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

夏の総括。その1

今年の夏はなんかあっという間に通り過ぎてしまって、すっかり秋の気配です。
関西はここ数年、冗談抜きで命の危険を感じるほどの暑さが続いていたため、今年は本当に過ごしやすかったと感じます。

もう引っ越してから10ヶ月、月日が経つのは速いものだとありふれたことを感じていたりするわけですが、家についてはやはり、新たな発見がたくさんありました。
そこで、夏の総括として、久しぶりに書き記そうと思います。
2回に分かれますが、よろしくお付き合いください。

1.傷や汚れについて
さすがに(表向きには)あまり気にならなくなりました。
普段はほとんど2階に上がることがないため子供たちの部屋はよくわかりませんが、1階については思ったほど傷んでいないような気がします。いつも散らかってますけど。

米佳が毎日リビングでランドセルを開け教科書などをまき散らすため、床には細かな傷がたくさんついていますが、クルミのフローリングは木目が細かいためあまり目立ちません。
これは予想通りでこの材で正解だったと思います。杉やパイン材ならこうはいかないような気がします。

それよりも仕上げに無垢板を使った建具から変な汚れが浮き出てきています。掃除しても何度も繰り返し出てくるんです。
木のアクみたいなもの?別に気になるわけではないのですが、そういうものなのだな、と新たな発見でした。

2.初めての外回りの手入れについて
植栽や庭の管理というものをこの夏、初めて経験することになりましたが、想像以上に大変でした。

まず、雑草の勢いがすごくて油断するとすぐに30㎝くらいに成長しました。
特に菜園周りは除草剤をまきたくないので気合を入れ引きましたがすごい勢いで生えるんですね。
今年は何とかしましたが、来年からは多分挫折するでしょう。古い一戸建てが草ボーボーなのは納得です。
うちの庭は来年からはどうなるんでしょう

次に芝生です。これも覚悟はしていましたが想像以上に大変。
もちろん電動の芝刈り機を買いましたがそれでも芝刈りは結構時間がかかるし、炎天下でフラフラになるし・・・
サッチや根切り作業もしなければなりません。
Tシャツ絞ったら汗がしたたるっていうのを何十年ぶりかに経験しました。
芝の雑草もすごいので我慢できず芝用の除草剤をまいたら芝が部分的に枯れてしまい、途中で完全にやる気をなくしました。
でも朝など芝生を通った風がすごく気持ちいいので、芝生は来年も続けようと思います。

樹木については水やりくらいで特に手入れはしなかったのですが、緑がまぶしく快適でした。
ま、これは造園屋さんが土をうまく仕上げてくれたおかげで、来年からは多少の手入れが必要だと思っていますが。
つい最近、ヤマボウシの木が病気になってしまい、これから樹木についても少しずつ勉強していきたいと考えています。

P1170628.jpg
ヤマボウシの木。何か可哀想なことになっています。カビの一種の病気だそうです。

最後に家庭菜園。それなりに収穫でき、十分楽しませてもらったのですが、正直もう飽きました。
結構コストもかかりますし虫や病気、そしてカラスの食害対策など考えると私はもういいです。
あれは奥さんや子供と一緒に楽しむもので、オヤジ1人が孤独に作業するものと違いますね。
私は日曜大工の方が好きです。

P1170627.jpg
※現在の状況。
右手前のキュウリは終了。後始末をしたところです。右奥のミニトマトはまだ青い実がたくさんあります。でももうおいしくないです。
左手前のピーマンはまだまだ取れそうな感じ。左奥の少しだけ見えているワサワサはさつまいもです。


3.住み心地について
予想通りですね。普通に快適です。
ずっと憧れていた自宅の庭でのバーベキューが実現でき、また1つ夢がかないました。

でも自然素材の家の広告なんかで、「風通りがいいので一度もエアコン使いませんでした」みたいな声を聴くことがありますが、あれについては個人的には違うと思いました。
夏の夕方って、凪みたいに風を全く感じない状況になることがありますよね。四方の窓を開けていても風を感じず、室内気温30度ならやはりエアコンが必要でしょう。

関西の今年の夏は涼しかったですが、それでも日中37度、夕方でも30度っていう日が何日かあり、食事中や風呂上りはとても我慢ができませんから、普通にエアコンのお世話になりました。
自然素材の家で風通し重視の間取りでもエアコンは必要、これが我家の回答です。

ところが、予想外のにんまりすることが1つあり、夏の我家は思いのほか快適だったのです。
それを次回に書きたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。