生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

軒(のき)の功罪。その1

このブログを読んでくださっている方なら、軒(のき)はわかりますよね。
一応説明しておきますと、建物の屋根で外壁より突出している部分を「軒(のき)」と言い、窓や扉の上に取り付ける雨や日よけは「庇(ひさし)」と呼びます。
我家は軒が基本的に90cm出ており、私たちはこの軒の出を大変気に入っています。

夏と冬では日射角が異なりますから、軒は夏には日差しを遮り、冬には日を入れてくれる大変優れた存在なのです…
などといったうんちくは要らないですよね。
ネットや本では山ほど紹介されていますし、スクエアデザインを好む方などには何の興味もない情報かと思います。

とにかく、今はやりの高断熱高気密うんぬんより、冬は日差し、夏は風通りというパッシブデザインを選んだ私たちには、軒は大変ありがたい、重要な存在です。

木目が見えている軒裏が格好良くて、何も考えず採用したこの軒なのですが、ここにきて今まで知らなかった軒のデメリットがわかってきました。
今回はまずブログで紹介されることのない軒の功罪についてお伝えしたいと思います。


まず、良いところから。
良いところは簡単にしたいと思いますが、夏冬の日照をコントロールできるところと外壁が痛みにくいというところです。
軒により壁に雨がかかりにくくなるため、外壁は汚れにくい、痛みにくいわけです。
家にとって水(雨)はやっぱり怖いわけですから、なるべく遠ざけた方が簡単かつ効果的なのは言うまでもないかと思います。

そして軒の悪いところ、罪の部分です。
ここでは一般的に言われるデザイン面の問題や敷地の広さとの兼ね合いなどではなく、私の経験に基づく独自情報(?)をお届けします。

その1。火災保険料が高い!
本当はこの点は「軒」そのものが悪いわけではありません。
我家が採用した木がむき出しの軒が悪いのです。

我家は準防火地域でもない第1種低層住居専用地域に建築されますので、準耐火構造とはしていません。
これは同じエリアに建てる皆さん共通のことだと思います。
ところが、一般的なお宅は「省令準耐火」構造という基準に合わせて造るそうです。

我家は長期優良住宅の申請をしていますので、ローンなどが優遇されます。きっと火災にも強い住宅になっていると思い込んでいました。
でも、長期優良住宅など火災保険には何の関係もないのですね。(地震保険料は割引になるみたいです。)
我家は省令準耐火構造ではないそうで、火災保険料、すごく高いのです。

悔しいので、どこが基準に合わないのか調べてみました。
その結果、ただ1つの点を除いて、我家も省令準耐火構造の基準を満たしていました。
そうです。軒が不燃物でないことを除いてです。

保険会社にお聞きしたら、省令準耐火構造だったら保険料半分くらいになったそうです。
半額
ガーン

そんなに違うのですね。
うちの場合、建物と家財、保険期間20年で地震保険5年付けて保険料80万円です。
これ、35年返済だったら100万超えるわけですね。
昔、マンションを買った時の保険料が期間35年で十何万だった気がするので、初めてこの金額を見た時、目を疑いました。そんなに立派な家を建てたのか!と。

全く違いますよね。マンションだと耐火構造、最も燃えにくい構造です。
で、今回は単なる木造。最も燃えやすい構造となります。実際はそんなことないと思いますけど。

軒裏を木の板にすることは家の検討時期に気に入ったので迷わず採用しましたが、こんな落とし穴があったとは…
でも後悔はしていませんけど…(と無理やり思っています。)

お家を検討中・建築中の皆さん、ご自身の家が省令準耐火構造かどうか確認しましょう。
そうでない場合は、火災保険料に100万確保しておくことをお勧めします。

軒の罪(デメリット)、次回に続きます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!


スポンサーサイト

PageTop

いいっ!!建具!

今日、現地では米子がカーテン業者さんと発注のための細かな打ち合わせをしています。
カーテンの注文はバタバタで、初めて見本を見せていただいてから1週間もたっていないのにすべて決めるという普段の私たちではありえないスピードでの作業となりました。

例によって昨日はいつものように現場で色々検討してきました。
なかなかカタログやショールームではイメージわきませんから、現地で米子と打ち合わせするのも恒例となってしまいました。

昨日は日曜なのに電気屋さんが作業してくださっていて、その中での発見も色々とあったのですが、他のことはとりあえず置いておいて、今回はちょっと感情的に書かせてもらいます。


タイトルの通りなのですが、建具が入りました。
これがイメージ通りというか予想以上というかとてもいいんですね。
キッチン家具が入った時、米子はテンション上がって興奮していたものの私はいいね、満足という感じだったんですが、今回は私も少し興奮するぐらいテンションUP

もしかすると内装関係で1番の興奮かもしれません。
自分でも少々意外な感じ。

そんなわけで、もしかすると伝わらないかもしれませんが、一気にテンションUP部分をお送りします。

順不同で行きますよー!

P1170074.jpg

まずはどってことない2階の壁の開口部なんですが、私、個人的に気に入っておりました。
それが…
P1170238.jpg

むちゃくちゃきれいに仕上がっとるがな
あ、これ建具と全く関係ありません…

引き戸(建具)!
米一の部屋。濃紺。
P1170237.jpg

米菜の部屋。ベージュ。
P1170230.jpg

米佳の部屋。ピンク。
P1170231.jpg

あ~、写真を圧縮しているからあまりくっきり写っていませんね。
原寸大でお見せしたいです。とてもきれいです!!

昔の記事(建具のこだわり)で色の統一感を考えなかったので少し怖い、と書きましたが全くノープロブレム、それぞれの素敵な空間ができました。
ちなみに米一の部屋の入口横には収納の建具があり、ちゃんと合わせてあります。
少しは統一感を考えています。

P1170236.jpg

写真では取っ手がないように見えますね。
アップで撮るのを忘れたのですが、端から3cm位和紙を貼らずに上から下まで溝を掘ってあります。
つまりどの高さでも取っ手になるというユニバーサルデザインです。
丸や角のふすま風取っ手も好きですが、このデザインもすっきりしていてとても気に入りました。

本当に建具、いいわ~。気に入りました。
白木の今も美しいけど、色がついて渋くなってもまたよさそう。

(大したことないですが)もう少しだけ個人的お気に入りポイント、お付き合いください。

P1170250.jpg

吹き抜け、仕上がりました。
インテリアファン、コイズミの商品ですが、少しポッテリしていてかわいいです~。
狭い吹き抜けなのにうまくまとまった気がします。

P1170245.jpg

トイレも仕上がりました。
便器はとても安い商品ですが監督さんのおかげでとても素敵な空間になりました。
床のタイルと便器のかぶり部分、ちょっと少なかった!

最後の写真です。

P1170253.jpg

和室(茶の間)の敷居部分。
OMソーラーの吹き出し口を含め、とてもきれいです。
これに真っ新な畳が敷かれたらまたテンションが上がるでしょうね。

あー満足まんぞく。
今日は気分がいいからこれぐらい気にしませんとも。
up.jpg

ドライバーを落とした跡とひび割れ。
建築って人がやることですから…

御後(おあと)がよろしいようで。
次回は少しは参考になる記事を書くつもりです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

完成前のちょっとした不安。スイッチ編

このところ、引越業者に室内を確認してもらったり、カーテン業者との打ち合わせをしたりと、平日昼間に現場へ行くことが結構あります。
とにかく、やらなくちゃいけないこと、決めなければならないことが多くて、(主に米子ですが)てんてこ舞いしています。

その中でのちょっとした不安なのですが、何となく少し工事が遅れているような気が…
工程表では既に電気やガス、トイレや洗面台などの衛生設備が完了していなけばならないのですが、設置済みなのはトイレぐらいですか…
もう表示登記やら役所検査やら日程決まっているんだから何とか頼みますよ…
と人知れず不安を感じているような状況です。

不安というのは他にもあって、工程にも関連するので尚更なのですが、電気スイッチやコンセントは問題なく設置されるのか?ということなんです。

スイッチやコンセントについてはブログなどでもよく取り上げられていて、私も何度か読んだ記憶があります。
「スイッチやコンセントは多すぎるくらいがちょうどいい。」
「スイッチの位置も重要。扉の開く方向や部屋の内外を考えないと後々のストレスとなる。」
「コンセントの高さで使いやすさがずいぶん違う。」
「図面だけでなく、現地で使い勝手をシミュレーションしながら考えると良い。」

などですね。

特に失敗談として紹介されることの多いスイッチやコンセントですから、私も設計時には自分なりに一生懸命考えました。
追加コストのことは考えないようにして、後悔のないようにしたいと思いました。
ですから、絶対とは言えませんが、使い勝手については多分大丈夫だろうという気がします。
ただ、正しく設置されれば、という前提においてです…


私、現場打ち合わせの時に、コンセントの数や位置などの最終確認があるものだと思っていたのですが、我家の場合、一切ありませんでした。
もちろん監督さんに伝えましたよ。「確認しないんですか?」と。
監督さんによれば、C社では普通しないそうです。「図面通りに作りますから。」とのことでした。

そうなんですね。大雑把な人もいるでしょうから確認してあげた方が親切だとは思いましたが、C社がそうなら仕方がありません。
私は米子と2人で何度か現場シミュレーションをしました。
でも、間仕切り壁が出来てボードが貼られてもスイッチやコンセントの穴が開けられていないところが多く、現場シミュレーションはいつも中途半端に終わっていました。

そして、今の段階になって(壁の仕上げが終わって)まだ不安が残っているのです。
素人ならではの杞憂だとは思いますが、少しご覧ください。

まずその1。
P1170181.jpg
夜の写真だし、十分乾いておらずまだらですがご容赦を。

和室(寝室)に我家で唯一設置した電動通風シャッターの操作スイッチ用穴がありません。
電動っていう位だから配線があるはずですがそう言えば配線もなかったような…
まさかね

続いてその2。
P1170214.jpg

LDのコンセント用穴ですが、ここ、図面では2口コンセントです。
この穴、2口では絶対に大きすぎますよね。
後で埋めても綺麗に仕上がるかな?継ぎ目めだたないかな?

最後にその3。
P1170215.jpg

2階のトイレのスイッチです。
通常のスイッチ穴の横に当然のように明らかに穴が開いてますが、これ何でしょう。
よく見ると中に何も入っていないような気が…

まさか、換気扇のスイッチを別々に付けるのか!変ですよね
ちなみに上にある線は室内の温度センサー用ですので。多分これはあってます。


「そんなの監督さんに確認すれば一目瞭然。」
そんな声が聞こえてきそうですが、私、今までの実績というかトラウマがありますから躊躇してしまってこの件については確認できていません。
ま、電気工事も今週中には入るでしょうからすぐに結果は判明すると思います。

私とすれば、間違ったら直せばいいと割り切ってはいるのですが、今の段階ですから工程が遅れるのが心配なのです。
杞憂であることを祈りつつ、今回はこの辺で。
結果はまたご報告します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

と、棟梁・・・どうしちゃったんですか?

先週は室内の左官工事の1週間でして、日曜日に出来ばえを見に現場へ行きました。
居室部分がほとんど珪藻土塗りなので、これで室内がぐっと引き締まるはずです。

左官工事、完了していました。いつもの現場に比べ、床がすごいことになっていました。
やはりプロでも水を使う仕事はそれなりに汚れるものなんですね。勉強になりました。

出来ばえは、それなりに満足しました。
「それなりに」という感じの悪い書き方になったのは、完全にまだ乾いていないのだと思いますが、まだらに見える部分があったことによります。

P1170197.jpg

もちろん乾いているところもあったのですが、まだ養生がたくさんありますし、建具もないため、小出しにせず、改めてどーんとお見せすることにしますね。


さて、今回の本題はここからです。
左官工事に並行して、棟梁による大工仕事も進んでいたようでした。
以前の記事で大工仕事は完了、と書いたのですが、ウッドデッキや室内のポールの設置など細々とした大工仕事を先週、していただいたみたいなんです。

ウッドデッキです。
P1170213.jpg

ウッドデッキは私たちはいらないと思っていた(使わないので庭が広い方がよい)のですが、C社の家では絶対条件でした。
と言うのは、(C社のポリシーだと思うのですが)LDKは基本的に18帖で広くても20帖あればよい、その代わりウッドデッキを必ず設けてLDに広がりを持たせるように設計する、という基本方針を説明され、LDの広さを予算との兼ね合いで迷っていた私たちは素直にその方針に従ったわけなんです。

ですから、我家のLDKは18帖です。6人掛けのダイニングテーブルを置くため、リビングにソファを置くかどうか迷っているような状況です。

P1170199.jpg
LDから庭を望む。

どうでしょう?広がり感じますか?

ちょっと出幅が少なすぎたような気がします…
ま、庭の腰掛として使用したいと思います。

続いて、今まであまり写真を撮ってこなかった洗濯干しスペースをご紹介します。
P1170203.jpg

逆側から。
P1170205.jpg

ここ、脱衣所から出入りする勝手口兼物干しスペースとなります。
この部分に先週、物干し竿の受口が施工されました。
私は勝手にアルミ製か何かの物干し金具が付くものだと思っていましたが、棟梁により造作していただきました。

何ともいい感じに作ってくださっていますね。
木の家って感じがするし、経年変化で黒くなってもいい感じになりそうです。
思ったより給湯器が出っ張っているのが心配ではありますが…

そして、室内のポールが設置されていました。
ポールというのはクローゼットなどに設置するあのポールのことです。

我家では結構色んな場所にポールを設置します。
室内の洗濯物干しに使おうという目論見です。

冬場は外に干しても洗濯物あまり乾きませんし、我家のライフスタイルでは室内干しの頻度が結構高いです。
それにOMソーラーの家って室内で洗濯物がよく乾くらしいんです。
(乾燥するというデメリットとも言う…)

ホシ姫サマホスクリーンなども考えましたが、結局どーんとポールを設置しちゃいます。
どうせきっと常に何かぶら下がっていると思いますので…

まずはこの写真を。
P1170216.jpg

この写真は物干しとは関係なく、クローゼット内部のポールの写真です。
このクローゼットは和室(茶の間)の押入れの横のクローゼットですので、奥行が有効で83cmほどあり、スペースがもったいないので奥に20cmほどの可動棚を設置し、かばんや靴の箱などを置くことを予定しています。

よって、当然ポールはセンターではなく、少し手前に設置されるはずですが、見事にセンターに設置されています。これでは棚と干渉し、棚が使えません…

次にこれ。
P1170201.jpg

この写真は脱衣所に設置する室内干し用ポールの写真です。
このポールの高さは当然打ち合わせ済みですが、完全に付け間違え、付け直した形跡があります。
少しわかりにくいですが、上に修正した跡が見えます。
元の位置だと、照明器具が付かないし身長178cmの私でも洗濯物が掛けられないということになります

そして、写真はありませんが、2階の吹き抜け部分に付けてもらった室内干し用ポールの位置も打ち合わせと違っていました。
この部分は見せ梁に付けてもらったので、付け直すと穴が目立ちそうで、そのままで行くことにしました。

ポールの設置は大きく分けて5か所だったのですが、実に3か所で付け間違えていたことになります。
もちろん今日、監督さんに連絡し、修正を依頼しました。
その時の監督さんの反応が、「棟梁、どうしちゃったんでしょう…」という感じ。
で、今回はこんなタイトルになりました。

私たちはあまり気にしていないんですけどね。
棟梁も違う現場の段取りでも考えていたのかもしれませんね。

もう少し気になる点もあるので、それはまた別の機会にします。
今日からまた寒くなってきました。私も体調、絶好調ではないです。
皆さんもご自愛ください。ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

内装仕上げ進む!少しご紹介!

昨日は外構業者、じゃなくて造園業者さんとの打ち合わせでした。
私、造園業者さんって立派な庭木とかを扱う業者さんだと思っていましたが、そうではないのですね。
造園業者さんにはアプローチから駐車場の舗装までを担当していただくそうで、敷地外周のブロックなどは別業者(外構業者)だそうです。

内容は、前回の記事で書いたように私たちは全くわからないので基本的にはお任せすることにし、私たちの要望を伝えるといった手順で進みました。
デザインに定評のある結構有名な業者さんだとのことで、私たちの予算では申し訳ないと思いつつ、気になる点についてはきっちりとお聞きすることができました。

しかし、唯一、決めきれなかったのが門柱の位置でした。
門柱とは言ってもオープン外構のため、細い石を1本だけ立て、石に表札とインターホンを取り付けるだけのものです。
我家の玄関は道路から約7mほど入ったところにあるのですが、提案図では敷地へ半分位入ったところへ立ててありました。
私たちの希望は道路から入ってすぐのところに設置する、というものですが、アプローチの一体感という意味では中ごろに設置した方が良いとのことでした。
結局、木と門柱は工事の最後だからということで、他の部分の状況を確認しながら最終判断することになりました。

多分、業者さんのご提案通りになるのでしょうね。そんな予感がしています。
C社はいつも言います。
「家ばかり立派ではダメ、外構がでしゃばってはダメ、双方のバランスでいい家になるのです。」
家づくりって本当に難しいですね。奥深いですよね~。

あれっ?メインの内容が終わってしまいました。

現場は内装もほぼ出来上がっているのですが、肝心の壁の左官塗りと建具がまだの状態で、何とも中途半端です。
それにすぐに養生が貼られるため、なかなかいい写真が撮れないのです。

これだけでは記事が成立していないような気がしますので、あまりいい写真がありませんが少しだけご紹介します。
夜の写真ばかりですが、ご容赦くださいね。

天井は和紙が張られました。これで天井は完成です。

P1170174.jpg
リビング部分の天井。黒い斑点がやっぱり気になります。(過去記事ご参照ください。)

そして、キッチン家具が設置されました。
P1170172.jpg

これはシオジという木(合板)を使った造作です。C社の家の造作家具は最近こればっかりです。
シナ合板のようなあっさりした感じに少し木目を立たせたような素材で、近くで見たらとてもいい感じですよ。
キッチン本体に加え、キッチン周りでは追加料金100万超えてたような気がしますが米子の喜びぶりを見て私も満足です。

P1170168.jpg

手前の電話台とオープン棚です。
電話台のシナ合板とオープン棚のシオジの微妙な色の違い、わかりますか?
電話台にはシオジの扉が設置されます。
実は私はこの部分は当初のイメージとかなり違うのですが、米子は喜んでいますのでノープロブレムということで。

P1170170.jpg

電話台のカウンターとキッチンカウンター天板は当初の予定(タモ集成材)からシオジに変更となりました。
上品な感じで気に入っています。
気にしていたカウンターの段差もこうやって見るとあまり気にならない感じです。

最後に床の仕上げです。
和室以外は全てくるみのフローリングです。
P1020730.jpg
昔の写真を流用。

キッチンや洗面前(写真なし)、そして1階トイレもフローリングになります。
P1170163.jpg
わかりますよね。右側の排水パイプに便器が、左側には手洗いが接続されます。

トイレは便器回りの汚れ対策として一部が石調タイル張りです。

2階トイレはコルクタイルにしました。本当は私、こんな素朴な感じが好きです。
P1170175.jpg

そして脱衣所は銭湯風の塩ビタイルを。
P1170166.jpg

これ写真では波打ったように見えますがが、実際はいい感じです。
はじめて見た時から採用を決めていました。将来黒ずむかもしれませんが迷いませんでしたよ。

今回は以上です。
今週一杯は左官屋さんの仕事で、来週がトイレや洗面台の設置となり、最後が建具の設置です。
そろそろ登記や引越の準備もスタート。
ぐっと冷え込みも増し、引越もいよいよだな!と実感しています。この冬は頑張るぞ!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。