生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

緊急地震速報に考える

昨日、緊急地震速報の誤報があったことはご存知かと思います。
関西ではちょっとしたパニックとまではいかないまでも、一瞬ですがネットも電話もつながらなくなりました。
関西の電車はほとんどが運転見合わせをし、夜まで遅れが出ていました。

気象庁はお詫び会見をした位ですから本当はあってはならないことなのでしょうが、個人的にはいい経験となりました。
当然、私にも地震速報が届き、私が最初にとった行動は自宅に電話をかけた、ということでした。
完全に落第の対応でした。電話はつながらず、無駄に何度もリダイヤル。全く無意味。
そんなことより、脱出できなくならないようドアを開けておくとか、ガラスの側から離れるなど、とりあえずの現実的な対応をすべきだったと反省しています。

関西ですから(関西だけじゃないと思いますが)いつ大地震が来ないとも限りません。
災害時の備蓄などが今の住まいが狭いためほとんどできておらず、新居に移ったら人並程度のことはしておきたいと思っているのですが、今地震が来たらどうすればよいのやら。
建築中の自宅にしても、今壊れちゃったらどうすればよいのでしょう。

契約書には工務店で責任を負わないと明記してあります。
請負契約ですから完成させる義務が工務店にはあると思うのですが、違うんでしょうか。
工務店が加入する保険には地震保険がないのでしょうか。
契約を締結するときももちろん気になりましたが、民間連合協定に基づいていますと説明を受けましたから素直にサインしました。仕方ないですよね。

完成後は地震保険に絶対入るつもりなので、ある程度は対応できる可能性がありますが、今はすっからかんの状態です。
追加費用とか言われても支払えません。
支払えないなら放置する、と言われても困るし、大地震が起こったら工務店も大パニックで当分の間対応できないでしょう。当然今住んでおられる方の補修が優先でしょうし。

地震よ、頼むから来ないでくれ!!
身勝手な考えとはわかっていますが、せめて10年位は穏やかに暮らさせてほしいです。
これ、建築中の皆さんの本音ですよね。いくら耐震性能向上させたからって地震ウェルカム!って人はいないでしょうし。

すいません。マイホーム建築とは関係ない記事になってしまいましたが、色々考えてしまって…
次回は現場の記事を書きたいと思います。
もう現場はお盆休みに入ってしまうのですが、まともな時間になかなか現地に行けてないんです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

新居には何を持っていく?

最近は打ち合わせの機会がすっかり減り、あれだけ怒涛の日々を過ごしたのが遠い昔のような気がしています。
そろそろ家具や引っ越しのことも考えなくてはならない時期に来たようです。
しかし、前にも書いたように我家は先立つものが乏しいため必要最低限のものしか揃えられず、買うものの優先順位を考えなければなりません。

米子はなるようにしかならない、と考えるタイプ。多分全く考えていないと思います。
一方、私は計画的に準備したいタイプ。最近やっぱり気になってきました。

そこで、思いつくまま考えてみることにします。

エアコンは引渡しが冬のため、半年間は購入しません。我家は冬場にエアコンを使ったことがないです。
私の意識としてはエアコンは「クーラー」です。
なお、現居から持っていくこともしません。現居のエアコンはどれも10年以上は経過しています。最も使用頻度の高いリビングのエアコンなど17年近くになります。
今までのうちのエアコン、当たり、でした。この夏もう少し頑張ってね!

タンス類、我家には世代的に婚礼家具というものがあります。100万はすると思われる立派なタンス3点セット、これは当然持っていきます。専用のスペースも設計時から確保してあります。
子供たちの衣装ケース類は微妙なところ、ですが、可愛らしい印象のミッキーマウスのタンスを長男が持っていくと言っており、それぞれ愛着があるようで、子供の意思に任せようと思います。

大型家電製品、洗濯機や冷蔵庫などですね。これは基本的に持っていきます。結婚して約20年が経過し、さすがに一通り買い替えていますのでまだ購入してから5年程度の家電製品が多いです。
掃除機などはせっかくの新居なので私は買い替えたいですが、多分米子が反対するでしょう。
テレビも高機能な製品が今は安く買えるため、この機会に買い替えを、と目論んでいますが、故障しない限り買い替えを許してくれないと思います。

家に関して米子と好みが食い違うことはほとんどなかったのですが、家電はかなり違いますね。
家の中のことですから私に勝ち目はないことは明白です。
ですから既にあきらめモードですが無駄な抵抗を試みるつもりです。

LD周辺、ここが皆さん力が入る場所ですよね。
まずソファー、これは前のソファーが痛んでしまったのと家が狭くなってきたため今は置いていません。でもなければないで別に不便でもないため多分当分の間は購入しないと思います。
でも新居のうちは来客が多くなるかな?とも思うため、買うか見合わせるか迷うところです。

ダイニングテーブル、これをぜひ新調したいのです。今使っているものははっきり言って安物。これを新居に持っていくと思うと少々気分が萎えます。
しかし、せっかく新調するなら今度はそれなりのものを購入したい。30万ぐらいかな?
限られた予算の中でダイニングテーブルにどの程度回せるかが今後の思案のしどころということになります。

照明器具ですが、C社の家はほとんどがスポットライトです。我家も同じ。ダイニング照明は皆さんこだわって選んでおられますが、我家はまずスポットライトのままでいこうかと思っています。
ライティングレールを設置しているため、照明の増設はしやすいですから住んでからゆっくり考えます。

その他のものとしてはピアノを持っていきます。ピアノは米子が子供の時に買ってもらったもの。40年物です。
これが今の狭い我家に収納棚の如く鎮座しています。
ピアノは私としては複雑なんですよね。マンションに運び入れた時も何で?(私には思い入れも何もない)と思いましたから。
まあ、結婚したら妥協も絶対必要なわけで、こればっかりは仕方ありませんよね。
今は米佳が習っており、持っていくことは必然となってしまいました。

最後に、私がぜひ新調したい物。それは布団なんです。
私の布団、結婚以来ずっと使っています。
布団って何年位使うものなんでしょうか。私、布団はクッション少な目が好きなため、多少くたびれた今の布団でも特に不満はないのですが、カバーが擦り切れてボロボロです。
カバーだけ買えばいいのかも知れませんが、この機会に新調しなければまだ10年以上使うような気がします。

ちなみに米子は既に新しい布団を使っています。
なぜこういうことが起こるのか?米子に教えて欲しいです。
私が家庭というものを今一理解できないのはこういう部分なんです(笑)。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

駐車場に屋根を付けたいけど・・・

工程表によれば今週は屋根の板金工事だそうで屋根材はガルバリウムです。
OMの家は自動的にガルバになるので、屋根材については選択の余地がありませんでした。
屋根の工事だと職人さん、この酷暑はきついだろうな~。米子に差し入れ回数増やしてもらおうと思います。

さて、屋根で思い出したので、今回は駐車場について書きたいと思います。

我家は駐車場スペースを2.5台分程度確保します。
今もミニバンと軽自動車の2台があり、それに来客用または予備の1台分という感じです。
駐車場スペースだけ広くても空間が間延びするような気がするため、駐車場に関してはこんなものかな、と思っています。
プラン検討の時に、否、今も迷っているのはカーポートに屋根を付けるかどうかということです。

和風の家ってカーポート屋根があまり似合いませんよね。
C社の家の見学会でもあまり見たことがありません。
カーポートではなく、本格的なガレージ(車庫)を家と同じ仕様で造ったりするケースはあるみたいですが。(そんな場合すごい豪邸です。)

実は私、若い頃は車好きでした。
高校卒業の春休みに免許を取り、バイト三昧で20歳の時に自力で新車を買いました。子供ができるまでは愛車に名前を付けていたぐらい車には愛着がありました。
ちなみに当時は駐車する度に車にカバーをかけていました。(最近はほとんど見ることがなくなりましたね…)

今はそこまで車に愛情はそそいでいませんが、それでも足代わりだとは思いません。
生活のパートナーという認識で、それなりに大切に扱っています。米子の車の使い方を見るにつけ、悲しくなります…

そして今の駐車場は、マンションの地下駐車場なんです。
駐車場料金は月額にして相場より5,000円は高いと思いますが、もう20年近く地下駐車場です。
5,000円×12×20年=120万円…などということは考えないようにしています。

料金についてはともかく、地下駐車場は最高です。
雨の日は一切濡れずに部屋からアクセスでき荷物の出し入れも苦痛なし、夏の日の耐えられない高温や冬のガラスの霜取りもなし、そしてなんと言っても塗装の痛み方が全然違います。
今の車はもう7年乗っていますが、経過年数はよく驚かれます。確かに普通に洗車すればまだ光沢を感じますから。

今の生活から新居に引っ越すと良いことずくめだとは思うのですが、車の環境だけは確実に悪化しますね。
家の前に置くということで近くなるのはありがたいのですが、雨ざらしにするのは私としては正直抵抗があります。
せめて屋根だけでも付けたいと思うのです。2、3百万かけてガレージを造る気は全くないですが、カーポート屋根ぐらいは付けたいな、と。

これをご覧ください。

P1020639.jpg

これはプラン打ち合わせ時(最初の段階)で提示されたイラストなんです。
営業のOさん←久しぶりに登場 が書いたものなのですが、Oさんすごい!私たちはこの絵にズッキューン(陳腐な表現)でした。
そして細部の見直しはあるものの外観などほとんどこのまま建築中です。

カーポート屋根、やっぱり似合わないですよね。
予算的にも今は何もするつもりはないのですが、何年か経って私の中でこの気持ちがどう変化するでしょうか。
家の外観を取るか、車への愛情を取るか。
こんな葛藤、今の車離れの時代にはあまり共感を得られないだろうな~。はい、それはわかっています(笑)。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

サーモスⅡHはすべてLow-Eガラスです

今回はサッシのガラスについての考察を書きたいと思います。
ちょっと男性的というかマニアックな視点での考察になると思いますので、つまらないかもしれません。ご容赦ください。

我家のサッシはこの記事にも書いたように、LIXIL(トステム)のSAMOS(サーモス)Ⅱ Hを全窓に採用しました。
それ自体はもう済んだことで特筆することはないのですが、実はもう1つ気になっていることがあるのです。
それはガラスのことなんです。

トステムはサッシメーカーであり、ガラスは他社(ガラスメーカー)製を工場で組み込むのが基本だそうです。
ところが、サーモスシリーズで初めてガラスを内製し、一体で出荷しているとのことで、それ故ガラスだけの交換ができず、ガラス破損時はサッシごと交換するため高くつくらしいです。

これはサーモスのデメリットとしてどこかで聞いたか読んだのですが、私、それ自体はふーん、といった感じで大して関心がありませんでした。
家族が不注意でサッシのガラスを割るなんて今まで1度もないし、空き巣か何かの被害の場合は保険で修理代出るしっていう感じでした。

それよりも私が気になったのは我家のガラスは何になるのだろう?ということでした。

このブログをご覧の方なら言うまでもないことだと思いますが、複層ガラスって言っても色々種類がありますよね。
単なるペアガラスもあればLow-Eの中でも遮熱タイプ、断熱タイプ、おまけにアルゴンガス入りのものまで。
で、私も頭でっかちのタイプですからガラスについても高性能のものを選びたかったわけなんですが、実際は工務店にお任せしました。
理由は簡単、支払い額をこれ以上アップさせたくなかったからです。

私の一番のこだわりはサッシ部分に結露を生じさせたくない、ということでしたから、ガラスにもこだわってさらなる価格アップは絶対に嫌でした。

それにC社の家はいわゆる高気密高断熱住宅ではなく、夏は軒で日差しを遮り、植栽と窓の配置で涼しい風を送るというのがコンセプトですから窓の性能アップは本質からは外れます。
現に設計さんから受けたガラスの説明も、一部を遮熱型Low-Eガラスとし、それ以外は普通のペアガラスというものでした。


そして時間が経過し、リクシルショールームで人気のためかすべて出払っていたためわざわざ在庫を出してもらった←余計な情報 サーモスⅡ Hのパンフレットを何気なく読み返していた時のことです。

サーモス Hは基本仕様がLow-Eガラスです。

えっ、そうなの?
そりゃ普通のペアガラスよりLow-Eガラスが付いてる方が得した気分になるし、光熱費も助かりそう。設計さんの説明が間違っているのかな?


それからさらに時間が経過し、現場にサッシが設置されました。
Low-Eガラスって薄く色がついているって言うし、色も選べるらしいけど、さて我家のサッシの色は?
無色透明のように見える…
P1020671.jpg
色々映り込んでて見づらいですが…

うーん、ちょっと混乱してきました。
このガラスは一体何なのでしょう?普通のペアガラス?Low-Eガラス?

もう訳がわからないのでリクシルに電話して聞いてみました。
私「パンフレットではすべてLow-Eガラスになるって読み取れるのですが本当ですか?」
担当の人「本当ですが、工務店さんによっては別のガラスを指定される場合もありますので、工務店さんにお聞きください。」


やっぱりLow-Eは絶対ではないのか。残念。
でも一応、監督さんに聞いてみようと思い立ち、監督さんに電話です。
私「あのー、サーモスHのパンフレットにはすべてLow-Eガラスって書いてあるんですが…」
監督「すべてLow-Eガラスです。図面の記載が間違っているんです。」


)^o^(ワーイ
というわけで、我家のガラスはすべてLow-Eガラスでした。少し得した気分です。
次はどの部分にどのタイプ(遮熱タイプか断熱タイプか)が設置されているのか改めて聞いてみようと思います。

これからサッシを選ぶ皆さん、サーモスSを検討しているのならHも見積もってみてください。
結構サーモスHお得かもしれませんよ。
私の中ではサーモスS(標準)とサーモスH(グレードアップ)の価格差、ガラスの性能アップまで考えれば十分納得です。
それとサーモスのガラスはほとんど色がついていないですよ、いいのか悪いのかはわかりませんが。

よく考えるとこの記事、考察でもなんでもなかったですね。
これから家を建てるどなたかの参考になっていれば嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

工務店のこと、考えてみた。

今日から10月、秋本番ですね。
子供たちも、それぞれの秋を満喫しているようです。
米菜は国民文化祭の吹奏楽の祭典に出場するため、山梨へ2泊3日で行かせてもらい、米佳も先週末運動会で精一杯頑張りました。
私も実に11回目の小学校の運動会に行き、ちょうど気持ちのよい気候の中、少し秋を感じることができましたので随分と気分転換になりました。

ちなみに私、小学校の運動会は15回行くことになります。
前は自分の子もよその子もかわいい!と運動会そのものを楽しんでいましたが、もうすっかり飽きてしまい、今はわが子のみを見るために行くだけです。
でも、以前お世話になった先生が転勤され、またこの小学校に戻ってこられたなどという話を聞くと、小学校のベテランとして何か少しだけ誇らしいです。
親の訪問を喜んでくれるのは小学校時代だけのため、あと4回、頑張って行こうと思っています。


家づくりの方ですが、特に目立った進捗はないです。
今週はちょっと進むみたいですので、乞うご期待、っていうことでお願いします。

さて、今日書こうと思っているのは、工務店、C社のことです。
今までの記事のように私の場合、C社とは色々あるほうだと思います。
私としては少なからず物申したいことがあるため、無条件でC社を持ち上げることはできません。
他のブログで、引渡しの時にはきっと泣く、という記事を読んで、「うちはないない。」と米子と確認しあったのですが、とは言え未だに不満タラタラというわけでもなく、何か自分でもよくわからなくなってきたのがこの数回の記事です。

そこで、C社について自分なりに整理してみました。
C社の第一印象として、社員、関係会社とも皆さんとても仲がよさそうです。そしていつも楽しそうに仕事をしています。
スタッフ間の行事も色々あるようで、現場を休んで全員が参集するのですからきっと本当に楽しいのだと思います。
そして、HO(ホームオーナーつまり過去の施主)の集まりもあるみたいで、それもなんかすごく盛り上がっているような感じです。
11月には年に1度の感謝祭があって、参加者はなんと800人。私たちは行ったことがないのですが、本当にすごい盛り上がりのようです。
ホームページをここにリンクしたい‥ ←自粛します

う~ん、いい会社だ・・・
それにですね、偶然かも知れませんが、今もC社の社員さんが2名、自宅を建設中なんです。
自社の商品のこと、知識が付けば付くほど本当にいい物かどうかわかりますよね。
自宅ですから義理などでは建てないと思うのです。本当に気に入らないと建てられないと思うのです。
よほど安くなるとか給料がいいとかなのかもしれませんが・・・

とにかく、C社はみんなが仲良く楽しそうに仕事をし、自社の家を本当に気に入っているのは間違いなさそうです。
こうやって考えると、私もこの流れに乗っちゃおうかな、っていう気がします。
あまりぐずぐず考えず、スタッフの皆さんの笑顔にゆだねてみようかな?
C社に決めた時の気持ちを思い出してみようかな?

この季節の気持ち良さはついそんな気にさせますね。
完成まであと2ヶ月。
今朝も風呂フタの打ち合わせで現場に寄ってから出勤しましたが、大工さん2人頑張って下さっていました。
感謝です。

そして、もうこれ以上トラブルやぐずぐずがないように祈ります!
私も心機一転。この秋は忙しくなりそうですが、精一杯頑張ります。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。