生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

プラン公開

地盤改良があっという間に終了し、続いて基礎の着工です。
とは言え、(梅雨時だから仕方ないですが)捨てコン?終了してはザー(雨)、土間コン?打ってはザー、という感じでなかなか進まないです。

そこで、建物のことを少し書こうと思うのですが、他のブログを拝見していると、○○の照明器具だとか、○○のタオル掛けとか、皆さん思い入れが強く、こだわった家づくりをされていますよね。
でも我家はパーツや設備に関するこだわりがほとんどないのです。
そもそも自分たちのセンスのなさを自覚してC社を選んだ経緯があるくらいですから。
使いやすい間取りと快適な居住空間があれば満足、そんな感じです。
ですから建物関連の記事は、私の考えとか嗜好とかをおいおい書いていきます。

まず間取りについて。ほとんどC社にお任せでした。
最初のプラン提案があって、結局ほとんど変更せずそのまま採用でした。
実は最初のプランを父に見せたとき、まだまだ見直さなくてはダメだ、といわれたのですが、結局そのまま着工してしまいました。
恐らく父の言いたかったことは廊下がない、とか収納が少ない、とかそういうことだと思うのですが、我家のコンセプトは小さく(安く)、低く(存在感を主張せず)それでいて寛げる、居心地の良い家を目指すということでC社の提案は最初から概ね当てはまっていました。

それでは間取り公開です。
heimenzu.jpg
まさかの手書き!他のブロガーさんの記事などを参考に、フリーソフトをダウンロードしたものの使いこなせず!
今更ながらITリテラシーの低さを実感します。見づらいとは思いますがご容赦ください。


1階はまるで積木を組み合わせたような間取りですよね。でも本当です。
水回りは南側に付け足したような感じ。最初は変わっているなと思いましたが、だからと言って悪い点が見当たりません。
水回りには勝手口ドアがあり、逆サイドには窓があります。北側に設置するものと決まっているわけではないし、明るくて風通し抜群の水回りになりそうです。

2階は1階の中心部分に北側をちょっと付け足しただけ。ベランダも何もありません。ちなみに納戸やWICなども一切ありません。
これは2階は子供スペースとして割り切った結果です。うちは子供がもうそれなりの歳ですからそれぞれの個室は絶対条件でした。
でも子供はいずれ出ていったりライフスタイルが変わったりしますよね。
その時に状況に応じて柔軟に使い方を変えるつもりです。納戸となる部屋ができたり私の書斎が実現したりするかもしれません。希望的観測かもしれませんが・・・

ですから生活スペースは全て1階で完結できるようになっています。
また建具は玄関ドアとお風呂の扉ををのぞき全て引き戸です。これは家中の空気を循環させるというOMソーラーの考え方に基づきます。吹き抜けもそのために必要ですし、リビング階段も同じ考え方です。

しかし最大の特徴はこの家の形でしょう。
設計図面の配置ではまさに「T」の字。
sekkeizu.jpg

見づらくてすいません。
ブログタイトルも「T字型の家を建てる」の方が受けたかな?

DSC_0018.jpg
結構かっこいい家ができるような気がするのですが、いかがでしょう?


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!


スポンサーサイト

PageTop

玄関のこだわり

こだわりと言っても大したことないのですが…

まず広さ。今がマンション暮らしで、マンションの典型的な間取りのため玄関がとにかく狭くて暗いのです。
C社の最初のプランでは玄関は3帖でした。1.82m×2.73mでその内1帖分が収納スペースでした。
妻の米子はOK。でも私は以前C社のモデルハウスで見た2.73m×2.73m、つまり4.5帖大の玄関が忘れられないのです。
当然コストアップ。さんざん迷いましたが、結局4.5帖にしてしまいました。
(ちなみに、この後も今のマンション暮らしの反動によるこだわりが多いです。)

そして、玄関ドア。C社ではほとんどの人が木製建具を造作します。こんな感じです。
P1020047.jpg
※C社モデルハウスにて撮影。
かっこいいですね~。引き戸も多く採用されています。

でも我家の最初のプランはアルミ玄関ドア(既製品)となっていました。
コスト的な部分での提案だったのだと思いますが、試しに(C社の倉庫にほこりをかぶって置いてあった)提案のドアを見てみると「これでいいやん。」

実は私、他社の見学会でこんなことを聞いていました。
「木製ドアは湿気で反ったりして開け閉めがしづらくなったりするんですよ。だから玄関はアルミをお勧めします。」
「そうなのか。確かに外部だから汚れるし色あせるよな。無難だし安いし既製品でいいかな。」
 ←私の心の声

それにもう一つ希望がありました。
なんかベタな希望で恥ずかしいのですが、電子錠をつけてみたかったのです。
既製品ならこれも簡単です。

で、さらにもう一つ。断熱性の高いドアにしたかったのです。今のマンションの玄関ドア枠が結露ひどいのです。
木製建具は多分断熱性が高いでしょうが、メーカーの既製品の方が品質は安定していますよね。

結局、YKKapのヴェナートW01になりました。これだと断熱性を最高ランクのD2にしてもお値段大して変わらないんです。色はキャラメルチーク。これで十分です。
P1020359.jpg

玄関ドアそのものはすんなりと決まったのですが、米子とちょっとしたバトルがありました。
玄関ドアの横のそで壁(でいいのかな?)です。
上の写真のガラスになっているところ。

既製品ドアなので、ガラスは入れられないそうですが、そうすると親子ドアの選択肢がありますよね。
これをどうするか。私は親子にした方が、いざという時に物が入れやすいし、明かりとりのタイプもあるしいいな、と思うのですが、米子は「必要ない。」、設計さんは「かっこ悪いです。」とのこと。
私は親子ドアの方がかっこいいと思うけどな~。
結局、多数決で私が折れました。

まだあります。もう少しお付き合いください。
こだわりと言えるかどうかわかりませんが、ポストを玄関に埋め込むタイプにしました。
C社の最初のプランでは屋外に自立しているポストでした。
私は朝の出勤前の新聞読みは欠かせないので、パジャマで新聞を取りたいのです。

そこで、埋め込むタイプを設計さんにお願いしたのですが、壁からはみ出すと難色を示されてしまいました。どうしても埋め込みたいならじゃまにならないようにしましょうと提案された図面がこれ。
kitaritsumen2.jpg
わかりにくいと思いますが、玄関を入って右にシューズクロークを造るため、シューズクロークの棚に郵便物が入るよう位置を合わせています。

でも通風用の小窓と位置がずれており変。
意匠的に小窓とあわせるべき、と私は思うのですが、米子は「別に気にならない。」、設計さんは「他のお宅でもずれていますよ。」 ←後日確認したところ本当でした。

私が細かいことを気にしすぎですか?
結局、これは私が譲らず、上下にあわせて配置しました。
kitaritsumen.jpg
あーすっきりした。

玄関、多分こんな感じになります。
P1020029.jpg P1020030.jpg P1020031.jpg
※C社モデルハウスにて撮影。

廊下はなく、いきなりLDにつながります。
天井高2100。天井をあえて低くして、その分LDに拡がりを感じさせる工夫だそうです。
玄関は在室時間が少ないため、むしろ在室時間の多いLDなどを拡げるべき、という声があるのは承知しています。
でも私は満足。やはりこれ、マンション暮らしの反動だと思います。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

建具のこだわり

前回の記事が思いのほか好評だったので味を占めて今回もタイトルに"こだわり"を入れてみました。でも今回は本当に大したことありません…すいません。

まずはサッシです。本当にこだわるなら木製サッシを入れたりトリプルガラスを入れたりするのが定番だと思いますが、我家には価格的に全く無理。最初から大それたことは考えていませんでした。

C社の標準はLIXIL(トステム)のSAMOS(サーモス)Ⅱでした。
設計さんはおしゃれなサッシで、断熱性も高いですよ、と自信満々でしたが、何にもわかっていない私たちは、「弁当箱か?」「アルミサッシか(結露がひどそう)」と思ったのでした。

(補足説明) 今でこそサーモスⅡ、テレビコマーシャルなどもしていますが、その時は全く知りませんでした。
また、関西の都心部はアルミサッシが標準なのは普通のようです。
私たちのエリアは都心部より冬が厳しいため、地元の見学会では樹脂サッシやアルミ樹脂複合サッシを取り付けているお宅も多かったのです。


自宅マンションは築20年ですので当然アルミサッシのシングルガラスです。我家の主暖房はガスファンヒーターのためか、びっくりするほどの結露です。まさに滝のように流れています。
私「結露しませんか?」
営業O「しないと思います。それに少しぐらい結露したって屋外に流れるように設計されていますので全く問題ないです。」


なるほど。一級建築士の言うことは説得力があります。
しかし、疑り深い私は、地元エリアでC社の家を建てた方を紹介してもらい、直に連絡を取り聞いてみました。
すると、「確かに少し結露しますね。でも気にならないですよ。」

私の気持ちは固まりました。サーモスⅡ、複合サッシにする!
妻の米子はこの件に関しては全く興味がなさそうでしたが、書斎はない、おまけに私の居場所もないこの家で、ここだけはこだわらしてもらう、サッシに結露は出させない、こう決めました。

(詳しい方への補足説明) 同じトステムの複合サッシにはシンフォニーがあります。
スリムなフレームにこだわりのない私は当然シンフォニーも見積もりをお願いしました。大差なかったです。また、YKKapも同様でした。


というわけでサッシはサーモスⅡに決まりました。いくら価格アップしたのか記憶にありません。最近すぐ現実逃避するよう思考がプログラムされています

次にシャッターです。
私たちはエアコンがあまり好きではなく、新居での希望が夏の夜にエアコンをつけず、自然の風を感じながら眠る、というものです。
それを実現するためには網戸だけで眠ることになります。マンションならいざ知らず、一戸建てでは物騒です。

だったら通風シャッターですね。早速調べてもらいました。
ほとんどないのですね…
和風の家のため、ルーバー付き雨戸(可動式の羽が付いていて横にガラガラとあけるタイプ)でも全然構わないのですが、サーモスにはなく、別注で付けることになるそうでかなりのお値段です。

うーん…、でもこれこそ実現したいランク上位に入る項目です。
結局Oさんのアドバイスを取り入れました。
営業O「主寝室北側のサッシを電動通風サッシ(アリーズ)にして、南側は吹抜けの窓を開けておけば風は通ると思います。」
アリーズ1箇所で確か15万円ほどアップだったと思います。
我家では1箇所が限界です。その他のサッシはすべて普通の手動タイプとなりました。

最後に室内建具です。
C社の家の建具はすべて造作です。開き戸を使用する場合には一部既製品を使用するのかもしれませんが、引き戸はすべてオリジナルだと思います。
我家はそれを気に入ったので問題なし。ふすま状の木製引き戸または障子となります。
写真を探しましたがありませんでした…

木製引き戸には和紙を貼ります。
設計さんの言葉。
「建具は物足りない位がちょうどいいんです。いずれ家具などでごちゃごちゃした印象になりますから。よって、建具の和紙は基本的に白をお勧めします。」
そして私たちの返事。
「和紙の色ですが、子供たちの部屋はそれぞれ好きな色を選ばせます。共用スペースは手垢の目立たない色を選びます。」
以前の記事を読んでいただいている方なら大体雰囲気をお察しだと思います。少し意地を張っていたのかもしれません。

そんなわけで我家の建具は濃紺を中心に、ピンクやらベージュやら色とりどりの和紙を貼ることになりました。
さあ、どんな感じになるでしょうか。楽しみでもあり、少し怖くもあり、というところです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

うちのトイレ変ですか?

日中は溶けそうなほど暑いですね。そのせいか(絶対関係ないと思いますが・・)現場はこのところ動きがないです。
検査待ち?コンクリートの硬化待ち?こういうちょっとしたことでまめに連絡くれたら嬉しいのですが…

さて、今回は我家のトイレをご紹介します。
と言っても、どのメーカーのどのシリーズを使ったとか、壁を板張りにしましたとかではないです。
うちのトイレの間取り、変ですか?
toire.jpg
※サイズは1500mm×1365mmです。青い線は無視してください。

この間取り、ラフプランの時から提案されていました。
最初の印象は、変わっていて面白い、というくらいで大して考えていませんでした。
むしろ、場所がキッチンと近いので匂いや音の面で移動した方がよいのでは?と思っただけです。
その後、プランを真剣に見るようになって、窓の位置がお隣に向いておらず、よく考えているな、という印象を持ちました。

そして基礎が完成した今になって、本当にこの間取りでよかったのかな?と迷いはじめています。今さらどうしようもないのですけど…

何故なら、
・今までこんなトイレ、見たことがない。
・高齢になり体が不自由になった時、使いやすいか疑問。

だからです。

C社からは「かっこいいですよ。変じゃないです。」と言われています。でも、私は写真を含め、こんな形見たことがないです。不安です。
それとこのプランでは手すりが付けにくい。下地はつけてもらいますが、果たして手すりを付けても使えるのでしょうか。

実は私、福祉住環境コーディネーターの2級を昔取得しており、ブログタイトルの通り「生涯過ごす」ことをテーマにしていますから、土地探しの時から高齢者が住むことをイメージして家づくりをしてきたつもりなんです。

高齢者といっても必ずしも車いす生活になるわけではありません。
車いす生活を前提にしたプランは健常者には無駄が多すぎ、最初から過度に福祉住環境を整えるつもりはありませんでした。
しかし、あえてトイレを斜めに配置しなくても、少し広めの普通のレイアウトでよかったのではないか?
今になってこう思うのです。
P1020027.jpg
こんな感じ。C社のモデルハウスにて撮影。

多分、横が物干しスペースなので、物干しスペースを確保するためのプランだと思うのです。
ああ、プラン検討している時は他に考えることがたくさんあってここまで気が回らなかったなぁ。

今さらどうしようもないので、結果オーライになるよう祈るだけです。

あ、ちなみにトイレはリクシルのベーシア(業者向けトイレ)、壁は撥水タイプの和紙貼りとこだわりのない仕様となっております(笑)。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

子供部屋の広さは?

前回の記事で現場に動きがないと書いたのですが、監督さんに確認したら本社倉庫で屋根の製作や手刻みなどの作業を行っているとのことでした。
木材はプレカットだと聞いていましたが、一部工場ではできない作業もあるそうで、建て方(上棟)に向けて大工さんは着々と進めていただいているそうです。
別に現場が止まっているわけではないとのことで少し安心しました。

さて、今回は子供部屋のことを書きます。
家のプランを検討したとき、色々と悩んだのですが、その中の1つが子供部屋の広さでした。
皆さんのお宅は子供部屋何帖ありますか?

今の主流は子供部屋を将来2部屋にするという前提での9帖~10帖位なのでしょうか?
そうすると将来部屋を分けたとき、1部屋あたり4.5帖程度?
検討者の中心が30才台で、その場合は子供がまだ小さいからだと思いますが、C社の最初の提案もそんな感じでした。

でも我家は子供たちが既に全員学校に行っています。将来分けるってその将来が今でしょって感じです。
じゃあ何帖にするって話になったとき、本当に4.5帖でいいの?っていうことになりました。
それにクローゼットは4.5帖に含まれるの?
設計さんの話では、4.5帖あればベッドと机は収まるとのこと。じゃあクローゼットは別に設置ですね。

確かに今は、快適な子供部屋は閉じこもる要因になるので、必要最低限の広さとし、なるべくリビングなどで過ごさせるようにプランニングするのが主流のようです。
しかしですね、うちの子供たちはそろそろ集中して勉強してもらわないと困る年齢です。ある程度集中できる環境を整えてやるのも親の責任ではないでしょうか。
それに、私の子供時代を振り返ってみると、部屋を片付けたり、模様替えをしたり、自室を与えてもらえたからこそ味わえる快適性だったり責任感だったり、そういったものが懐かしく思い出としてよみがえるのです。

というわけで、結局、我家の子供部屋は6帖(3.64m×2.73m)ずつの広さとなりました。
クローゼットはなしです。これは、もちろんコスト的な要因(ニトリやIKEAで洋服ダンスを買った方が安い)もありますが模様替えのし易さを考えてのものです。
収納込みで6帖ですから決して広くはないですけれども今の時流を考えたらこんなものかと。
やっぱり自らの原体験が基準になるのですね。これ以上小さくすることは考えられませんでした。
少しですがロフト(改めて記事にします。)もあるので文句は出ないはずです。

子供たちにとって実家のイメージはマンションになるのか新居になるのか。
すぐに出て行くのかいつまでも独身で家に居続けるのか。
子供たちにとっても落ち着く住まいになればいいな、とつくづく思います。

最近、回りの友達なんかにも引っ越すことを伝え始めていて、少し感傷的になってきた今日この頃です。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。