生涯過ごしたい家

アラ50親父が生涯を過ごすための家を建てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

完成お披露目~外回り編

また寒くなりましたね。
今朝は8時ごろでもマイナス2度でした。
氷点下になると関西人には堪えます。私も寒さにより肩こりがひどくなってきて辛いです。

さて、仕事も始まり、私はこれから繁忙期です。毎年上半期が忙しくて下半期が落ち着くといった感じなので、正月気分はそろそろ終了、気合を入れなおさないといけない時期になりました。
忙しくなる前に完成お披露目をしたいと思いますので、お付き合いのほどお願いします。

それでは完成お披露目1回目。今回は外観をお見せします。

DSC_0095.jpg

まずは駅から歩いてくるとこんなふうに我家が登場します。
光がいい感じに映り込んだので採用してみました。

DSC_0096.jpg

正面に回るとこんな感じです。
ドアの取っ手と郵便受けと門灯を黒にして引き締め効果を狙ってみましたがいかがでしょう。
しかし誰も気付いた者はいません(-_-;)

前面は結構ゆとりがありますね。何せ土地だけは広いもので…
でも、ここまでの広さとは私も正直、気付いていなかったのですが。

DSC_0097.jpg

左に目をやるとこんな感じです。
板塀は高価でしたがこの家には絶対必要だ、と思いました。メンテナンス頑張りたいと思います。
1台分来客用駐車スペースがあります。常緑の木はシマトネリコです。

DSC_0098.jpg

右に転じるとこんな感じ。
裏(庭)への通路と駐車場ですから特にコメントありません。

DSC_0099.jpg

裏はこんな感じです。庭部分、現在のところ丸坊主です。
芝生を張るか木を植えるかいっそのこと太陽光パネルでも並べるか…
外野が色々とプレッシャーをかけてくるのですが、今は何も考えたくありません。
わかっていることは、暖かくなったら草引きに追われるであろうということだけです。

でも、米佳がここで自転車や一輪車に乗って遊んでいるのを見ると、広い庭があることの幸せを感じます。
私も早くバーベキューがしたいです。

DSC_0103.jpg

庭の一角には普通の立水栓。右側に見えているコンクリートは物置のための土間です。
現在の悩みは物置をどのメーカーにするかということ。
現物を見たらタクボが一番良いように見えるけど、やっぱりイナバかヨド?
値段もどこで聞いてもほとんど同じだし、何となくカルテルっぽい嫌な感じがします。
でも買わない選択肢はないし…迷ってます。

DSC_0104.jpg

さらに進むと物干しスペースがあります。
でもこの場所、東側なんですよね。冬場は洗濯物が乾きません。
南に広い庭があるのにもったいない気もしますが、美観上の問題でここになりました。
しかし結局乾かず室内干しになる現在、美観上どちらがいいのか正直疑問を感じています。

おまけ。
DSC_0176.jpg  DSC_0174.jpg

木の感じも眺望も。
なかなかいい雰囲気ですよ。ここ。

DSC_0175.jpg

物干し場の前にはこんな目隠しをしています。
普通のフェンスに板を差し込んだだけという簡易目隠しです。
オレンジ(ピニー)色だけだと飽きたので、ここだけ少し濃いめのウォールナット色にしました。
この部分も2年後には自分で塗装かな?

外回り編はこんな感じです。
完成お披露目はさくっと終わらそうと思っていますので、室内編は近日公開予定です。
それほど写真がありませんがまた見に来てください。
ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

スポンサーサイト

PageTop

完成お披露目~玄関編

今日も寒いですね。
完成お披露目2回目は玄関から室内に入ります。

まず玄関から。

DSC_0112.jpg

色々あった玄関。こうやって写真で見ると感慨深いものがありますね。
入居してみると普通の玄関ですけど。
でもまあしっとりと落ち着いた雰囲気になったのではないかと思います。気に入っています。

ドアを開けると
DSC_0116.jpg

いらっしゃいませ~
普通の障子の向こうはLDです。

少し左を向くと
DSC_0119.jpg

少し壁の仕上げが違います。
これはけいそうファームコートという珪藻土の外壁材で荒壁仕上げにしてあります。

元々のプランでは他の壁と同じ白の珪藻土塗りでしたが、監督のWさんの提案で少し遊んでみました。
それにもう一つ意図があって、訪問者が壁に手を付きにくくするという効果も期待してのものです。
(壁に手をつかせないための対策はココを参照)

しかし現在、高齢の訪問者はカウンターに手を置かず、反対側の白い壁に手をついている状態です。
早急に植物でも置いてカウンターに手を置いてもらうようにしたいと思います。

写真ではわかりにくいですが、けいそうファームコートとても質感がいいですよ。
派手でも地味でもなく、玄関が少し上品になったような気がしています。

玄関右側の引き戸を開けると
DSC_0121.jpg

シューズコーナー?ですね。

DSC_0122.jpg

回り込むと階段下の傾斜天井となるのですが、入居してすっかり慣れました。
今は天井の圧迫感ほとんど気になりません。

それよりも

P1170300.jpg
※現在の状況

アカン!
何人家族やねん。コート8着ぐらいかかってる。米袋なんかも置いてあるし…
器が変わってもやることが同じなら全くすっきりした感じになりません。
下駄箱もすでに一杯になってるし…
やっぱり生活感を出さないって難しいですね。
以降、現在の状況は自粛したいと思います…

それと過去記事にも書いた郵便受け箱

DSC_0126.jpg

こんな感じになりました。
白い部分はメラミン扉ではなく、ちゃんと塗装してあり写真よりも上質感があります。
扉を開けると
DSC_0128.jpg
でっぱりも気にならず、収納力もちゃんとあります。快適に使わせていただいています。

のれん掛けも取り付けていただいています。
DSC_0132.jpg

オーダーしたのれんも昨日ようやく到着しました。今後はすっきりとした玄関を目指します。

そうそう、先ほどの写真でお気づきの方も多いと思いますが、
DSC_0130.jpg

壁の仕上げ(色)を変えたため、電気スイッチはベージュ色に交換してもらいましたが、玄関ドアの電子錠コントローラー(この部分に機械が埋まっています)はベージュ色がありませんでした。
YKKapにも問い合わせたのですが、作っていないとのことでした。残念。

こういうのってなんとなく納得できないんですよね。
家族はみんな気にならないと言いますが、私は気になります。
こんなことなら位置の変更を主張しておくんだった(本当はキッチン横に設置するはずだった)!

YKKの電子錠を採用予定の皆さん、このコントローラーは白しかありませんから。
壁の色は要注意ですよ。
YKKの方、ベージュ色を作ったらご連絡お待ちしております!

あれ?玄関だけでこんなに長くなってしまいました。本当は室内も載せるつもりだったのに…
玄関は色々考えましたからね。既に懐かしいです。
では今回はここまでにさせていただき、次回からテンポアップで行きたいと思います。
乞うご期待!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

完成お披露目~1階居室編

こんにちは。
今回は玄関入って1階です。テンポアップしていくぞ!

DSC_0227.jpg

DSC_0236.jpg

リビングダイニングです。
我家は迷ったのですが普通のカーテンにしました。使い慣れてるから1番安心感があります。
でも、カーテン業者がたくさん間違えカーテンはやり直しです。
大切なヒノキの柱に大きな穴が開いた~もうっ

愚痴ですが、このカーテン業者(C社の内装業者)はダメです。
大手だそうですが、カーテンの作り方は間違う、寸足らずを作ってくる、内装の方でもクロスの貼り方は下手だし、おまけにくわえ煙草で仕事していました。
ここ木の家ですよ。ありえないでしょう。もちろんC社でも禁止です。

監督さんに文句を言おうかどうか迷って結局言わなかったのですが、言えばよかったかなと思ったりもします。
まあ全てを完璧に管理できないですしね。
私と目が合った時の職人の顔が忘れられません。皆さんもお気を付けください(って無理か)。
とにかくここはダメ、2度と頼むことはないでしょう。すいません愚痴でした。

下の写真の奥にある開口部に今は生成りののれんが掛けてありましてその奥が洗面、トイレ、お風呂です。
子供たちからは温泉マークののれんがよかったなどと言われていますが、とてもいい感じになっています。

しつこいですが、電子錠のコントローラーはキッチン横に設置をお願いしていたため、3つが配置された場所にキレイに4つ並ぶはずでした。納まりもそのほうが良かった…
米子も(開錠ボタンが)玄関にあっても使わないのでキッチン横にしてほしかった、と言っています。
この部分は現在の後悔ポイントです。
皆さんも中途半端な妥協はされることのないよう願います。

さて、ではLDに続いている和のスペースをご紹介します。
DSC_0241.jpg

4.5畳の茶の間です。
壁は玄関と同じけいそうファームコートとなっています。
イメージ通りに仕上がったので有効利用したいと思いますが、現在のところほとんど活用できていません。
あ、(乾いた)洗濯物置き場か…

DSC_0253.jpg

玄関と同じ問題がここにも発生してしまいました。
ガスコンセントが白のままです。
でも、ガスコンセントはベージュ色があるみたいなのでベージュに変更予定です。

そして1階にはもう1つ、私たち夫婦の寝室があります。

DSC_0246.jpg

DSC_0248.jpg

板の間を含めて8畳の和室です。
しかし、障子ではなくカーテンを掛け、押入れもあまり和を主張しないように作ってもらいました。
板の間には現在、いわゆる婚礼ダンスがドーンと置かれて実質6畳強の空間となります。

この部屋だけ壁の色を薄いグリーンに変更し、襖紙もグリーン、カーテンもグリーンで統一しており本当は結構こだわっています。
でも写真ではよくわからないって言うか、実物もあまりわかりません。壁の色ほとんど白
それに壁には「わら」みたいな素材が混ぜてあるのにそれも目を近づけてようやくわかる程度。
完全な自己満足の世界になっています。

本当にパンフレットや見本だけで選ぶの難しいですね。
満足な家を建てるには3回建てなければ無理、とか言われるのわかるような気がします。
でも、3回建ててもやっぱり後悔ポイントがあるような気もします。
年を重ねればライフスタイルも変わるし、設備や技術だって劇的に進化しますしね。
ま、私はもう一度チャンスをやるって言われてももうやりたくないですけど。

次回は水回りをご紹介したいと思います。
今回はこの辺で。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

完成お披露目~水回り編

こんにちは。毎日寒いですね。

さて、今回は水回り編です。
他のブログでは一番盛り上がるところなのだと思いますが、このブログではさーっと流れるような気がします。
記事として書くような内容をあまり思いつきません(-_-;)
ではキッチンからどうぞ。

DSC_0151.jpg

DSC_0150.jpg

システムキッチンはパナソニックのリビングステーションSクラスです。
掛け率が最も有利ということで他メーカーは検討しませんでしたが、ショールーム以外にもメーカーに問い合わせするなどして、米子が時間をかけ一生懸命選んでおりました。

私の意見など何の価値もないでしょうが、とてもいい具合ですよ。新品であるということを差し引いても。
やはりメーカーはよく研究していると思います。使いやすいです。
キッチンには関係ないですが、調味料入れのニッチなども使いやすくてすっきり。
今はキッチンとてもきれいに片付いています。手入れを怠らずこの状態を続けたいものです。

3連コンロは価格なりの価値があるかどうかは私には実感できませんが、とても使いやすいです。(これだけしか書けない…)
照明も換気扇も自動でついたり消えたり…
本当に進化しているんですね。

それとビルトイン食洗機、これが音が静かなのでびっくり。
我家では今まで置き型の食洗機を使っていましたがはっきり言って爆音でした。
こんなもの、と思っていたので音について気になりませんでしたが新しい食洗機はけた違いでした。
キッチンから変な音がするような気がするので見に行ったら食洗機だったということが度々あります…
それぐらい音が小さいです。これは我家にはインパクト強かったです。

DSC_0144.jpg

DSC_0147.jpg

DSC_0148.jpg

後ろの造作食器棚とパントリーです。
(扉を開けてみました。)
これも、食器棚と冷蔵庫とパントリーの配置や扉の開き勝手、その他諸々を米子が真剣に考えておりました。
引っ越しの荷解きの時も最も時間をかけて片付けていましたので今はとても良い空間になっていると思います。
パントリーは思った以上に収納力があり、我家の大量の食品ストックがきれいに収まっています。満足です。

後は今まで我慢していたジューサーやパン焼き器など新しい電化製品を買いたいと思いますが、そんなに広いわけでもないのでごちゃごちゃするのも嫌ですし…
これからじっくり考えます。

DSC_0161.jpg

キッチン横は水回りの入口となり、のれんが掛けてあります。
この写真はのれん未設置の状態です。
右に洗面台があり、左がトイレです。奥は脱衣所です。

建具は濃紺の和紙貼りとなっており、色を迷った結果、水回りなどの共用スペースは全部濃紺になりました。
(個室はそれぞれ好きな色)
前にも書きましたが取っ手代わりに溝が上から下まで掘ってありとても使い易いんです。
建具は本当に気に入ったな~。

DSC_0155.jpg

引いた写真が撮れなくてすいません。
洗面台はパナソニックのウツクシーズにしました。
両サイドの壁は全面にキッチンパネルを貼ってもらい、実用性最重視となっています。
洗面所は最初、造作予定でしたが、ウツクシーズをショールームで見て一目惚れ。
掛け率が悪く少し迷いましたが、これにして大正解でした。

我家にはやはり造作の洗面台は無理だったと思います。
朝晩はこのスペース入れ代わり立ち代わりです。水や歯磨き粉が飛んだのをいちいち拭いてられません。
うちは脱衣所を独立させたくて幅90cmのタイプを選びましたがこれもちょうどよかったと思います。
とても使い易いですし、掃除もしやすいです。気に入ってます。

DSC_0162.jpg

脱衣所です。広くもなく、狭すぎでもなくちょうどいいです。
銭湯みたいな床材も気に入ってますし、タオル掛けとタオルシェルフも気に入っています。
タオル掛けを2連にしたくて、それゆえ服などをひっかけない形状にしたくてこれにしました。

メーカーはリラインス。リクシルやパナソニックに気に入ったものがなくてネットでタオル掛けを検索したら最初に出てきたんです。
ショールームが関西にはなく実物を見ないで選びましたが、これ、リーズナブルなのにとても質感が高いですよ。
リクシルもパナソニックももっと努力が必要ですな(素直な感想)。

ちなみにブログでよく見るカワジュンは見もしていません。
どうもウメジュンの方が身近なもので…(関西ローカルネタです。気にしないでください・・)

DSC_0163.jpg
ちなみに勝手口(洗濯物干し場)も脱衣所からアクセスです。

DSC_0166.jpg

お風呂。パナソニックのココチーノSクラス。1坪タイプです。
普通すぎてコメントするのもお恥ずかしい。
でも最高。使い易いし、掃除しやすいし私たちにはこれで十分、といった感じですね。
いやー、本当水回り進化してるわ~。

新居に移ってから風呂掃除は最後に入る人が出るときにするというルールを作ったため、掃除をするのは専ら米一ばかりですがきちんとやってるみたいです。
(今までのレベルが低かったのかもしれませんが)新しいお風呂に何の不満もありません。

DSC_0171.jpg

しょーもないですが、洗面所からお風呂までタオル掛けの形状を合わせています。私の地味な自己満足。
当然誰も気付く者はいません。

DSC_0157.jpg

DSC_0199.jpg

最後にトイレです。
上の写真が1階、下が2階ですね。
トイレはほとんどお金をかけていませんし、こだわりもありません。
壁の板張りも現場監督のアイデアですし。

DSC_0159.jpg

しいて挙げれば手洗いボウルの色を建具(濃紺)に合わせてあるくらいでしょうか。
ま、トイレも過去記事に何度か書きましたので興味のある方はご覧になってください。

今回はここまでです。
次回はいよいよ最終回、2階居室編の予定です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop

【最終回】完成お披露目~2階居室編

毎日本当に寒いので風邪の予防でうがい手洗いに励んでいますが、手洗いは丁寧に30秒以上洗わないと意味がないそうですね。
でも私など、毎回30秒以上も手を洗っていたら手の油がなくなり困ってしまいます。
手がぬるぬるになると色々と支障があるのでハンドクリームもそんなに頻繁に塗れませんし…
昔はそんな悩み全くなかったのにね…

さて、今回は2階居室編をお届けします。
では2階へどうぞ~

DSC_0222.jpg

緩やかでとても気に入っている階段ですが、もっと幅広でもよかったような気がします。
手すりがすべすべで気持ちいい階段です。
(冒頭の文章と掛けてます… -_-;)

DSC_0209.jpg

階段を上がるとそこは吹き抜けと共用スペースとなります。
引渡し前にピアノを搬入させてもらったため、すでにピアノは家の一部と化しています…

共用スペースと言っても本当はピアノ置き場で、ロフトへの上り口もここからです。
将来、吹き抜けが嫌になったら吹き抜けをやめて1部屋にすることも想定して作りました。

DSC_0207.jpg

ロフトの入口です。
ロフトは過去記事でも書きましたが最大の誤算でした。
屋根裏部屋みたいにして趣味スペースにしたり寛いだりしたかったな~。
もう割り切っていますが、あの時の気持ちを思い出すと切ないです…

あ、ちなみにロフトの入口は右側で、左側についてるパイプは洗濯物の室内干し用です。
米子曰く、これが付けてよかったものNo.1だそうです。毎日重宝してます。

DSC_0212.jpg
階段上、収納も少しだけあります。

DSC_0215.jpg

米一の部屋。男らしく、内装をこげ茶で統一しているみたいです。
広さは6帖。やはりぎりぎりの広さだったと思います。

DSC_0217.jpg
※米一の部屋のロフト

DSC_0191.jpg

DSC_0194.jpg

米菜の部屋です。東南の角部屋で眺望もよく最高の条件です。
ところが、四方に開口(窓3つと入口)があるため家具レイアウトが難しい…

DSC_0195.jpg

ロフトもあるけどOMの機械があるためロフトを使えず…
という微妙な部屋になってしまいました。
でもまあ、本人は気に入っているみたいですので問題なしということで。

DSC_0183.jpg

DSC_0184.jpg

DSC_0187.jpg

最後に米佳の部屋です。
大屋根の下にありますので斜め天井になっており、最も低い部分で1mちょっとです。
窓も写真の2つしか取れず暗いため本来は収納部屋のような感じですかね。

しかし、1番下の写真の窓下部分に机がすっきり配置でき、何かこもり感があってとても落ち着く空間となっています。
米佳はまだ1人で寝たり勉強したりなどはせず1階で過ごす時間が大半ですからこれで十分と思います。

米佳が1人で部屋を使う頃には米一が家を出る可能性が高いと思いますので、そうなればこの部屋を私の書斎に使いたいと目論んでおります…



我家の完成お披露目は以上です。ご覧いただきありがとうございました。

このブログは今回が最終回となります。
約9ヶ月、私にとって最初で最後と思われる家づくりを記録に残したいと思い綴ってきました。
本当は工務店の方に言われ、続けることができるかどうかわからなかったため内緒にしていたら結局話せずじまいだったという間抜けな事情なんですけど。

今までSNSさえまともに続けたことがなく、ブログなんてできるのかな?と半信半疑でしたが、ブログ村に登録させていただいたことで、適度な刺激と励みをいただき最後まで続けることができました。
また、共感や応援のコメントなどをたくさんいただき、楽しく続けられました。

住み心地などを聞きたいという声もあると思いますし、私自身も少し淋しい気がしますが最初から決めていたことですので、完成のけじめとして終了させていただきます。
今後何かありましたら「管理人だけ表示を許可する」にチェックをしてコメント欄にメールアドレスをご記入いただければ私から返信します。よろしくお願いします。

このブログをご覧いただいた皆さん、コメントをいただいた皆さん、今まで本当にありがとうございました。
5年後ぐらいにもう一度このブログを読み返して、今の気持ちを懐かしみたいと思います。

私と米子にとっての「生涯過ごしたい家」完成しました!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑参加しています。クリックのご協力お願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。